片付け日

こんにちは。
23/13℃、晴れ、南南西の風。
きょうは、申し分のないお天気です。バラにもお礼肥をしなければ。


雨のために何度かボーリングしたジャネット。
ようやく開きましたが、花が重すぎるので、すぐカット。


小輪のバラも咲き始めました。これはブリーズパルファン。


F.J.グルーテンドルスト、カーネーション代わり?


褪色した花びらも好きで、新苗なのにずっと咲かせている江戸の庚申。


5月の仕事は納期も少しゆっくりなので、
きょうは、久しぶりのお片付けの日に決定しました。^^

荒れる5月

こんにちは。
21/11℃、晴れ、強風注意報。


きのうは、あの後、大雨・雷注意報が出るほどの荒れようで、
夕方には晴れたものの、夜は気温がまたぐっと降下して寒かった。
何という5月でしょう。


それでも、安定して咲いてくれるティージングジョージア。


ポンパドールピンク、くるんとしたらかわいらしい。


冬剪定を怠ったら、はるか上空で咲いているバラやクレマチス多数。
これは、文旦の間で咲いているクレマチス・ロマンチカ。


ほかにも、ベラドンナやパーペチュアリーユアーズなどのバラが
文旦の間で咲いているらしい(猛省中)。



PIWの余韻もさめやらぬうちに、今度は、昨年度採択された
研究助成の論文の抄録が公開されました。


演技だけではなく、研究の一端にも触れることができるとは、
ファンとしては望外の幸せだなあ。^^

しばし様子見

こんにちは。
17/12℃、曇り。まだ気温は低いし、いつでも小雨になりそうな感じです。


一季咲きのつるバラ、アッシュ ウェンズデイ。
暴風にさらされて、葉は傷んでいますが、何とか咲いてくれました。


きょうも麗しいマダムアルディ。
花びらの並び方が精妙。グリーンアイが撮れていませんでした。


アルバマキシマ。開きすぎ。蕾のピンクがかわいい。



久しぶりの歯医者さんでは、奥様から、母にそっくりになったと言われました。
そういえば、母がよく通っていたのは、いまの私の年頃でした。
はたから見ると、やはり順調に年をとっているもよう。^^


慎重な先生は、少しぐらついている前歯をすぐには抜かず、
化膿止めをのみながら、しばらく様子を見るとのこと。
どうしても取れなかった茶渋が、一度できれいになったのにはびっくり。
もっと早く行けばよかった。

歯医者さんへ

おはようございます。
15/12℃、大雨・強風注意報。季節はずれの寒さです。
雨は午前中までだそうですが、
バラたちは、かわいそうに、みんなびしょぬれです。


昔の写真から。これはフランチェスカというバラ。
しばらく行方不明でしたが、先日、一輪だけ咲いていました。
やさしい黄色で、少し変わった咲き方です。
雨が止んだら、ちゃんとお世話しよう。



きょうは、ようやく歯医者さんへ。
診察券を見たら、最後の受診が平成21年でした。(恥)


20代の頃からお世話になっている先生ですが、
電車で20分もかかるので、ついつい縁遠くなっていました。


ふだん病院関係にはまるで縁がないのですが、
今回ばかりは、横着せずに通うことにします。


大きな書店があるところなので、それも楽しみに。


クレマチスも

こんにちは。
17/14℃、寒いです。雨は止んでいますが、夜はまた降るらしい。


久しぶりの納品で午前中かかってしまい、
ようやく歯医者さんに連絡がとれたところです。



暴風のために蕾のほとんどが飛ばされてしまったフランソワジュランビル。
一季咲きなので残念に思っていましたが、ようやく初開花。


お気に入りのアルバセミプレナは、昨日とあまり変わりませんが、
下の双子の蕾がかわいらしかったので。


クレマチスも開き始めました。古参のロウグチ。


ポンパドールピンク。もう少し開くと、かわいい形になります。


アフロディーテエレガフミナ。今年は風で枝が倒れたままです。



ここしばらく頭の中でボレロがずっと鳴り止まないのですが、
おなじみの背中が美しいまっちーシリーズ「ボレロ」編。
すばらしいレポ。



昨年の「ドン・キホーテ」編も、復習。^^